初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、シーズン8勝目

J.ロレンソ、シーズン8勝目

J.ロレンソ、シーズン8勝目

シリーズ第14戦オーストラリアGPの決勝レースは17日、フィリップアイランドで行われ、ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソが優勝した。

気温24度。路面温度35度のドライコンディションの中、シーズン9度目のポールポジションからスタートしたスペイン人ライダーは、2番グリッドのアレックス・デ・アンジェリスとのサイド・バイ・サイドのバトルを展開。最後は僅少0.009秒差で後半戦3連勝のシーズン8勝目を飾った。

6番グリッドの青山博一は中盤までトップグループで走行。シーズン5度目の表彰台を獲得すれば、ランク2位のアンドレア・ドビツィオーソは4位。青山周平は5人の5位争いに競り勝ち、エクトル・バルベラ、ロベルト・ロカテリ、ヤコブ・シュムルツ、アンソニー・ウエスト、マルコ・シモンセリがトップ10入りした。

関口太郎は19位。高橋裕紀はマシントラブルのため、リタイヤした。

チャンピオンシップは、ロレンソが249ポイントに達し、ドビツィオーソに24ポイント差のアドバンテージを得た。

Tags:
250cc, 2006, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›