初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

トップ3のコメント

トップ3のコメント

トップ3のコメント

M.メランドリ(決勝レース優勝):
「非常に困難なレースだった。全力を尽くした。僕は何も失うものはない。ウェットコンディションは怖かったけど、バーミューレンとジベルナウを捕まえる可能性が見えた。終盤はタイヤが滑り始めたので、ソフトに走った。」

C.バーミューレン(決勝レース2位):
「ラグナセカではもう少しで表彰台だった。僕にとって特別なリザルトだ。このコンディションで走るのは困難だったけど、ビックなポジションでゴールすることができた。」

V.ロッシ(決勝レース3位):
「7秒差あったけど、ジベルナウを抜くことを信じていたから、嬉しい。最後は最終コーナーで表彰台を獲得した。あと3戦。ヘイデンとのギャップは21ポイント。最後まで挑戦する。」

Tags:
MotoGP, 2006, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›