初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「21ポイント差は不可能ではない。」

V.ロッシ:「21ポイント差は不可能ではない。」

V.ロッシ:「21ポイント差は不可能ではない。」

バレンティーノ・ロッシは、第14戦オーストラリアGPで3位表彰台を獲得。ポイントリーダーとのギャップを21ポイント差に詰め寄った。

チャンピオンシップ初のフラッグ・トゥー・フラッグとなった決勝レースで、イタリア人ライダーは、ニッキー・ヘイデンを抑えながら、最終コーナーで前を走るセテ・ジベルナウを抜き、シーズン7度目の表彰台を獲得。史上表彰台獲得ランクでも伝説のライダー、ジャコモ・アグスティーニを抜き、単独2位(通算89度目の表彰台)に浮上した。

「セッティングが良かったから、ドライだったらもっといい走りができた。リザルトもそうだ」と、ロッシは振り返った。

「だけど、ニッキーとのポイント差を詰めたから喜ばないと。バイクを交換した時に、ウェットタイヤのフィーリングが良くなかったから、ポジションを落としてしまった。だけど、リズムが良くなると、プッシュできたから、これは僕のミスだと思う。」

「21ポイント差はまだ大きいけど、不可能ではない。」

Tags:
MotoGP, 2006, GMC AUSTRALIAN GRAND PRIX, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›