初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:ドゥカティ2台が上位進出

WUP:ドゥカティ2台が上位進出

WUP:ドゥカティ2台が上位進出

シリーズ第15戦日本GPのウォームアップ走行は24日、ツインリンクもてぎで行われ、ロリス・カピロッシ、アンドレア・ドビツィオーソ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度30度のドライコンディションの中、2年連続優勝を狙うポールポジションのカピロッシとセテ・ジベルナウのドゥカティ・マールボロの2人がトップ2を独占。ケニー・ロバーツ・ジュニア、ケーシー・ストーナー、ニッキー・ヘイデンが続いた。

4番グリッドの中野真矢は6番手。コーリン・エドワーズ、ジョン・ホプキンス、バレンティーノ・ロッシ、玉田誠がトップ10入り。秋吉耕佑と松戸直樹は14番手と16番手だった。

250ccクラスは、2番グリッドのドビツィオーソがトップ。ポールポジションのホルヘ・ロレンソ、アレック・デ・アンジェリス、高橋裕紀、青山博一がトップ5入りし、青山周平は7番手だった。

125ccクラスは、ポールポジションのバウティスタがミカ・カリオに0.738秒差をつければ、マティア・パシーニ、フリアン・シモン、エクトル・ファウベルが続き、小山知良は17番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, WUP

Other updates you may be interested in ›