Tickets purchase
VideoPass purchase

イタリア勢、表彰台独占

イタリア勢、表彰台独占

イタリア勢、表彰台独占

シリーズ第15戦日本GPの決勝レースは23日、ツインリンクもてぎで行われ、ロリス・カピロッシが2年連続のポール・トゥ・ウインを決め、イタリア勢が表彰台を独占した。

気温27度。路面温度43度のドライコンディションの中、開幕戦スペインGP以来シーズン2度目のトップグリッドからスタートした昨年の勝者カピロッシは、序盤こそは3番グリッドのマルコ・メランドリと競り合うが、中盤以降はレースの主導権を握り、後半戦2勝目、シーズン3勝目を飾った。

後半戦4戦連続の1列目からスタートしたバレンティーノ・ロッシは、残り10ラップでメランドリをパスして、2位に浮上。タイトル獲得の可能性を広げれば、セテ・ジベルナウは2戦連続の4位。ポイントリーダーのニッキー・ヘイデン、トニ・エリアス、ダニ・ペドロサ、コーリン・エドワーズ、ケニー・ロバーツ・ジュニア、玉田誠がトップ10入り。MotoGP初挑戦の秋吉耕佑は13位だった。

4番グリッドの中野真矢は、最終ラップに4番手を走るジベルナウをイン側から抜こうとした際に転倒。リタイヤを喫した。松戸直樹は中盤にピットボックスに帰還。リタイヤした。

チャンピオンシップは、ヘイデンが11ポイントを加算。通算236ポイントに伸ばしたが、ロッシが12ポイント差、メランドリが27ポイント差、カピロッシが31ポイント差にギャップを詰めた。

Tags:
MotoGP, 2006, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, RAC

Other updates you may be interested in ›