初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP合同テスト:N.ヘイデン、現行型に専念

MotoGP合同テスト:N.ヘイデン、現行型に専念

MotoGP合同テスト:N.ヘイデン、現行型に専念

MotoGP合同テストの2日目最終日は26日、ツインリンクもてぎで行われた。

レギュラーライダーでは、唯一、ポイントリーダーのニッキー・ヘイデンが参加。テスト初日に引き続き、ラスト2戦に向けてRC211Vのセッティングを進め、スタートダッシュの練習も行った。セッション終盤には新型800ccのテストを予定していたが、13時過ぎから雨が降り始めたこともあり、最終戦バレンシアGP終了後の合同テストに持ち越しとなった。

開発組には日本の4メーカーが揃い、ホンダ勢では岡田忠之が990ccと800ccを、鎌田学が800ccをテストすれば、ヤマハ勢も吉川和多留が800ccを、藤原儀彦が990ccをテストした。

スズキ勢は、青木宣篤と秋吉耕佑が初日に続いて800ccをテスト。カワサキの松戸直樹は今年最後の990ccテストに取り組んだ。

非公式ラップタイム

990cc
1. N.ヘイデン:1分47秒18(54ラップ)
2. 藤原儀彦:1分50秒20(44ラップ)
3. 松戸直樹:1分50秒8(36ラップ)

800cc
1. 秋吉耕佑:1分48秒7(20ラップ)
2. 吉川和多留:1分50秒6(53ラップ)
2. 青木宣篤:1分50秒6(42ラップ)

Tags:
MotoGP, 2006, A-STYLE GRAND PRIX OF JAPAN, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›