初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.カピロッシ:「チャンピオンシップは最終戦まで終らない」

L.カピロッシ:「チャンピオンシップは最終戦まで終らない」

L.カピロッシ:「チャンピオンシップは最終戦まで終らない」

前戦日本GPの勝者ロリス・カピロッシは、自信を持って、残り2戦に臨むことを語った。

33歳のイタリア人ライダーは、後半戦に入り2勝を挙げ、ポイントリーダーとのギャップを31ポイント差まで詰め寄り、残り2戦の舞台となるエストリルとバレンシアでは、ブリヂストンタイヤにアドバンテージをあることを強調した。

「もてぎの優勝で、確かな自信がある。僕たちのポテンシャルを把握しているから、これからの2戦が楽しみだ。エストリルとバレンシアには、リフレッシュして臨めるし、ブリヂストンは幾つか重要なことを理解し、コールドコンディションにおけるタイヤのパフォーマンスが大きく進歩した。冷え込んだフィリップアイランドで証明したように、僕たちにはアドバンテージがあると思う。」

「エストリルは悪くもなく、面白くもなく、退屈でもない。実に中間レベルのサーキットだけど、時速230キロで進入するビックなコーナーがある。上手く走れていれば、本当に楽しいコーナーだ。」

チャンピオンシップに関しては、まだタイトル獲得の可能性があることを認めた。

「チャンピオンシップは、最終戦まで終らない。シーズンを通して、ポジションが激しく入れ替わった。これは何でも起こり得ることを示している。例えば、ダニ(・ペドロサ)はランク2位でオーストラリアGPを迎えたけど、あそこでは1ポイントしか稼げなかった。あれで彼の状況は変わってしまった。」

Tags:
MotoGP, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›