初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

明日からの第16戦ポルトガルGPを控え、主役たちがプレスカンファレンスに出席した。

プレイベントでユーラシア大陸の最西端、ロカ岬を訪れたポイントリーダーのニッキー・ヘイデンは、タイトル争いの重要な一戦を前に、「今回は普通の1戦とは違う。そのことは誰もが理解していると思う。このグランプリが、どれだけ重要か分かっているけど、いままでと違う方法で臨むことはできない。クラッチで苦しんだり、0ポイントで終ったりすることは許されない。今シーズン、誰もこのクラスを支配しなかった。あまり勝てなかったけど、安定性が重要だったと考える」と語った。

後半戦連続表彰台で一気に12ポイント差まで詰めたバレンティーノ・ロッシは、「難しいサーキット。ヤマハでもホンダでも、ドライでもウェットでも勝てた。タイトル争いは、最終戦の最終ラップで決まると考える」と、来週のバレンシアGPまで持ち込むことを強調した。

前戦日本GPで2年連続の優勝を飾り、勢いに乗るロリス・カピロッシは、「この4戦は最高だった。タイトルは遠いけど、ランク3位は近い。可能な目標だ」とターゲットを切り替えたことを認めた。

昨年の250ccクラスで優勝したケーシー・ストーナーは、「後半戦は失望した。セッティングのミスを犯し、僕も過ちを犯してしまった。最悪なのはトルコGP以降、表彰台を1度も獲得できなかったこと。少しでも上のポジションに行けるように全力を尽くす」と抱負を述べた。

前戦終了後に800ccのプロトタイプを初テストしたセテ・ジベルナウは、初めて感想を語った。「800ccはすごく楽しかった。まるで500ccのようだ。僕のスタイルにより合っている。」

Tags:
MotoGP, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›