初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ&新型アプリリアが暫定ポールを奪取

A.バウティスタ&新型アプリリアが暫定ポールを奪取

A.バウティスタ&新型アプリリアが暫定ポールを奪取

シリーズ第16戦ポルトガルGPの公式予選1は13日、エストリルで行われ、新型マシンを投入したアルバロ・バウティスタが暫定ポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度33度のドライコンディションの中、午前のフリー走行1でトップタイムをマークした新王者は、ミカ・カリオとのトップタイム争いに0.084秒差で制し、開発されたばかりの新型マシンの戦闘力を見せた。

3番手にはアプリリアの現行型を走らせるマティア・パシーニが入り、ガボール・タルマクシ、ルーカス・ペセック、フリアン・シモン、ファブリツィオ・ライが続いた。

小山知良は、ロレンソ・サネティを抑え、トップから1.131秒差の9番手。前戦に引き続き負傷ライダーの代役を務める葛原大陽、渡辺一馬、大谷和也はそれぞれ26番手、32番手、38番手だった。

Tags:
125cc, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, QP1

Other updates you may be interested in ›