初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、シーズン7度目のPP奪取

A.バウティスタ、シーズン7度目のPP奪取

A.バウティスタ、シーズン7度目のPP奪取

シリーズ第16戦ポルトガルGPの公式予選2は14日、エストリルで行われ、王者アルバロ・バウティスタが2戦連続7度目のポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度31度のドライコンディションの中、暫定ポールポジションを確保していたバウティスタは1分45秒322をマーク。自己最高位タイとなる2番グリッドを獲得したエクトル・ファウベルに0.689秒差と引き離し、新型マシンの戦闘力を見せた。

ルーカス・ペセックは、シーズン9度目の1列目となる3番手。前戦日本GPで表彰台を獲得したフリアン・シモンが2戦連続4度目の1列目を確保。マティア・パシーニ、ファブリツィオ・ライが続いた。

小山知良は初日より1.225秒伸ばし、シーズン最高位となる7番手。ガボール・タルマクシ、マイク・ディ・メッリオ、カレル・アブラハムがトップ10入りした。

午前のフリー走行2でトップタイムをマークしたミカ・カリオは11番手。シーズンワーストの予選順位だけでなく、2004年最終戦バレンシアGP以来となる2列目以降のスターティングリッドとなった。

負傷代役組みの葛原大陽は30番手。渡辺一馬と大谷和也は35番手と40番手だった。

Tags:
125cc, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, QP2

Other updates you may be interested in ›