初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.ロカテリ、中量級初ポールポジション

L.ロカテリ、中量級初ポールポジション

L.ロカテリ、中量級初ポールポジション

シリーズ第16戦ポルトガルGPの公式予選2は14日、エストリルで行われ、ロベルト・ロカテリがポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度38度のドライコンディションの中、午前のフリー走行2で一番時計を刻んだベテランライダーは、最後のタイムアタックで1分41秒511をマーク。暫定ポールポジションの青山博一を0.059秒差で逆転し、中量級84戦目で初のトップグリッドを獲得。マルコ・シモンセリは初の1列目となる3番手に入った。

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは転倒を喫しただけでなく、エンジンの不調からスペアーカーに乗り換えたが、初タイトル獲得に向けて、1列目を確保した。

最終戦バレンシアGPまでタイトル争いを持ち込みたいランク2位のアンドレア・ドビツィオーソは、アプリリア・ファクトリー勢のエクトル・バルベラ、アレックス・デ・アンジェリスに次ぐ7番手。アレックス・エスパルガロ、青山周平、シルバン・ギュントーリがトップ10入りした。

高橋裕紀は、トップから0.779秒差の12番手。復帰5戦の関口太郎は19番手だった。

Tags:
250cc, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, QP2

Other updates you may be interested in ›