初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、新型マシンでシーズン8勝目

A.バウティスタ、新型マシンでシーズン8勝目

A.バウティスタ、新型マシンでシーズン8勝目

シリーズ第16戦ポルトガルGPの決勝レースは15日、エストリルで行われ、王者アルバロ・バウティスタが独走で優勝した。

気温21度。路面温度27度のドライコンディションの中、2戦連続7度目のポールポジションからオープニングラップを制すると、徐々に後続グループとのアドバンテージを広げ、最後は15.098秒差でシーズン8勝目を飾った。同時に、軽量級では史上最多となる14度目の表彰台を獲得した。

自己最高位タイの2番グリッドからスタートしたエクトル・ファウベルは、11番グリッドからランク2位を狙うミカ・カリオとの2位争いに0.014秒差で制し、ルーカス・ペセック、フリアン・シモンが続いた。

7番グリッドの小山知良は、13ラップ目のマティア・パシーニの転倒の影響を受け、グループから引き離されたが、ファブリツィオ・ライとガボール・タルマクシに競り勝ち、シーズンベストリザルトとなる6位でフィニッシュ。シモーネ・コルシ、サンドロ・コルテセがトップ10入りした。

負傷代役として参戦した渡辺一馬と大谷和也は20番手と28番手。葛原大陽はリタイヤした。

Tags:
125cc, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, RAC

Other updates you may be interested in ›