初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ優勝でタイトル争いは最終戦に

A.ドビツィオーソ優勝でタイトル争いは最終戦に

A.ドビツィオーソ優勝でタイトル争いは最終戦に

シリーズ第16戦ポルトガルGPの決勝レースは15日、エストリルで行われ、ランク2位のアンドレア・ドビツィオーソが優勝。タイトル争いは最終戦バレンシアGPに持ち込まれた。

気温20度。路面温度23度のドライコンディションの中、7番グリッドからスタートしたドビツィオーソは、4人による優勝争いを僅少差で競り勝ち、第7戦カタルーニャGP以来となる2勝目を挙げ、所属チームとの延長契約を自ら祝福するだけでなく、ポイントリーダーとのギャップを13ポイント差に縮め、初タイトル獲得の可能性を最終戦に残した。

2番グリッドの青山博一は、序盤こそトップグループから2秒以上引き離されたが、中盤に追いつくと、最後は0.015秒差まで詰め寄り、2位でフィニッシュ。3戦連続の表彰台を獲得した。

アレックス・デ・アンジェリスは4戦連続10度目の表彰台を獲得。中量級84戦目で初のポールポジションからスタートしたロベルト・ロカテリは4位だった。

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、トップから6.402秒差の5位。高橋裕紀は12番グリッドから6位でフィニッシュすれば、マルコ・シモンセリ、シルバン・ギュントーリ、オープニングラップで転倒したエクトル・バルベラがトップ10入りした。

関口太郎は19位。青山周平は16ラップ目にマシントラブルのため、リタイヤした。

チャンピオンシップは、ロレンソが11ポイントを加算。通算276ポイントとしたが、優勝したドビツィオーソが13ポイント差に接近した。

Tags:
250cc, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, RAC

Other updates you may be interested in ›