Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン&D.ペドロサ、不運のアクシデント

N.ヘイデン&D.ペドロサ、不運のアクシデント

N.ヘイデン&D.ペドロサ、不運のアクシデント

ポイントリーダーのニッキー・ヘイデンは、第16戦ポルトガルGPの決勝レースで、転倒したチームメイトのダニ・ペドロサのバイクにぶつかり、リタイヤした。

0ポイントに終ったヘイデンは、12ポイント差あったアドバンテージを失うだけでなく、ポイントリーダーから8ポイント差のギャップをつけられたが、タイトル獲得の可能性があることを強調した。

「本当に何を言っていいのか分からない。残念だ。今日は左コーナーのために硬いタイヤを選択。それは正解だったし、最初の数コーナーは信じられないくらい良かった。エドワーズよりも速かったし、ブレーキングで抜き、その後にバレンティーノを追いかけようと考えていた。」

「ダニが僕を抜こうとしていなかったし、そうすると思ってもいなかった。僕たちはプロフェショナル。ダニは僕と話すためにモーターホームに来て、僕たちは握手を交わした。」

「エストリルは僕のベストサーキットではないが、速く走れた。セッションで一番速かったし、1列目からスタートして、いいリズムもあった。」

「今、ダニのサポートが必要だ。バレンシアではいろいろなことが起こるだろうから、彼の手が大丈夫であることを願う。もし、1・2フィニッシュならば、今回のことを償う方法だと言った。まだチャンピオンになれる。」

5ラップ目の6コーナーで転倒したペドロサは、チームメイトに謝罪した。

「何を言うことができる。ミスを犯してしまった。本当に申し訳ない。僕のキャリアで初めて他のライダーにぶつかってしまった。6年間のキャリアで、テストでも、セッションでも、レースでもこんなことは一度もなかった。最悪のことが起きてしまった。」

「本当に申し訳ない。僕がミスしたのだから、ただ謝るしかない。ニッキーに謝った。あの時、僕は彼を抜こうとしたわけでない。ブレーキをかけた時にリアタイヤが浮いてしまい、タイヤが着地するとスピードが少し増し、バイクを止めることができなかった。左小指を骨折してしまったけど、バレンシアまでには時間がある。」

Tags:
MotoGP, 2006, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, RAC

Other updates you may be interested in ›