初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、ドゥカティ・マールボロ入り

C.ストーナー、ドゥカティ・マールボロ入り

C.ストーナー、ドゥカティ・マールボロ入り

ドゥカティ・マールボロは19日、ケーシー・ストーナーを2007年シーズンに起用することを発表した。

800ccプロジェクトをスタートしたドゥカティは、第12戦チェコGP後にロリス・カピロッシの延長契約を発表。チームメイトに、最高峰初シーズンでランク7位につける20歳のヤングライダーを指名した。

ストーナーは新しい挑戦を前に、「来年ドゥカティ・マールボロで走る機会に大満足。ドゥカティの進歩は明白だし、新型800ccマシンも同様にいい仕事をしていると思う。ロリスのチームメイトになることは僕にとって名誉だ。僕がキャリアをスタートする前から、彼の走りを見ていたし、同じチームで同じマシンで走ることは誇りだ」と抱負を語った。

「ルーチョ・チェッキネロに感謝したい。今年僕たちは一緒に働いたけど、僕の将来にとってファクトリーチームで走ることができるのはベストだと考える。」

ドゥカティ・コルセのマネージングディレクターであるクラウディオ・ドメニカリは、「我々のビックファミリーに仲間を迎え入れることは常にナイスです。しかし同時に別れを言うのは難しいです。大きな満足感を与えてくれたシーズンが終ろうとしていますが、同時にセテにとっては非常に困難でした。決定力と才能がありながら、幾つかの要因が重なり、大きな期待があった成績を獲得することに支障がありました。彼のプロフェショナルな姿勢に心から感謝し、将来の幸運を祈ります」と、セテ・ジベルナウへ感謝の言葉を送った。

「我々はケーシーの加入を喜んでいます。彼は才能と決定力を持つ将来性の高いライダーです。彼が経験を積んで行く中で、我々とロリスの経験を活かして、我々のバイクを把握できると確信しています。」

「彼の情熱とアグレッシブな走りは、ドゥカティのベストスピリッツと共に、我々のファンに大きな感動を与えてくれるでしょう。」

Tags:
MotoGP, 2006, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›