初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バロス、復帰

A.バロス、復帰

A.バロス、復帰

プラマック・ダンティーンは23日、2006年シーズンにアレックス・バロスを起用することを発表した。

通算258戦のキャリアを誇る36歳の誕ブラジル人ライダーは、1年間のスーパーバイク世界選手権参戦を経て、「プラマック・ダンティーンから最高峰に復帰できることがすごく嬉しい。新しいドゥカティのデスモセディチGP07は素晴らしいプロジェクトだと思う。モチベーションが高まる。チームを知っているから、いい仕事ができると確信している。MotoGPで戦いたい」と復帰を喜んだ。

チームマネージャーのルイス・ダンティーンは、「アレックス・バロスのような素晴らしいライダーを我々のチームに迎えることができ、大変嬉しいです。彼の加入により、来シーズンに向けて大きな期待が高まります。彼は豊富な経験があり、素晴らしいパフォーマンスをもたらせてくれることは間違いありません。チームの目標は表彰台獲得争いも含め、高いレベルで戦うことです」と来シーズンへの期待の高さを語った。

プラマックグループの代表者であるパオロ・カンピオナーティは、重要なニュースを発表することを認めた。

「アレックス・バロスのような優勝経験のあるライダーと共に、MotoGPクラスへのアバンチュールを継続することに興奮しています。彼の経験は、期待の成績をチームにもたらしてくれるでしょう。プラマックグループはプロジェクトを信じ、継続支援します。2007年に関して近日中に重要なニュースを発表します。」

Tags:
MotoGP, 2006, Alex Barros

Other updates you may be interested in ›