初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEV勢が最終戦に挑戦

CEV勢が最終戦に挑戦

CEV勢が最終戦に挑戦

CEVスペイン選手権のヤングライダー勢が、最終戦バレンシアGPにワイルドカードとして挑戦する。

近年、ダニ・ペドロサを筆頭に、トニ・エリアス、ケーシー・ストーナー、エクトル・バルベラ、アレックス・エスパルガロ、アルバロ・バウティスタ、エクトル・ファウベル、セルジオ・ガデア、フリアン・シモン、ジョアン・オリベら多くのヤングライダーを輩出するなど、毎年上位陣が揃って世界舞台にステップする同選手権は、国内選手権としては最も高いレベルと評価され、世界への登竜門として位置されている。

今年もブラドリー・スミスが新人王に王手をかけているだけでなく、数日前にタイトルを獲得したポル・エスパルガロはワイルドカードとして初挑戦した第7戦カタルーニャGPで13位フィニッシュ。史上最年少のポイント獲得者の記録を更新して、後半戦からのシートを確保すれば、ランク2位のエステベ・ラバットもシーズン途中からダブル参戦して経験を積んでいる。

最終戦に参戦するのは、ランク5位のペレ・トゥトゥサウス、ランク11位のウーゴ・ヴァン・デン・ベルグ、ランク19位のダニエル・サエツ。また、ランク20位のダン・リンフットは250ccクラスに参戦する。

来年KTM125からのフル参戦が決定しているランディ・クルメンナッハは、シーズン4度目の挑戦となる。

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›