初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、最後のバトルへ準備OK

レプソル・ホンダ、最後のバトルへ準備OK

レプソル・ホンダ、最後のバトルへ準備OK

レプソル・ホンダのニッキー・ヘイデンとダニ・ペドロサは、最終戦バレンシアGPでベストリザルトを狙うことを宣言。逆転タイトル奪取を狙う。

ポイントリーダーから8ポイント差のアメリカ人ライダーは昨年、マルコ・メランドリとランク2位争いを展開。ゴールラインまで優勝争いを繰り広げた。今週末は初タイトル獲得に向けて、シーズン3勝目を目指す。

「バレンシアは大好きなサーキット。雰囲気は信じられない。最高のファンの前で走ることができるところだ。僕には失うものはない。勝つことが必要。ロッシがいい週末にならないことが必要。逆転の可能性はあるけど、チェッカーが振られるまでは僕は降参しない。」

「前戦を考えると気分が良くないけど、その話題を続けてもランキングが変わる訳でもないのだから、過去のことにしないといけない。肩は少し回復した。クラッチも良かった。そして友人のエリアスがエストリルで僕に大きな利益をもたらし、期待感を与えてくれた。」

「チームは僕と一緒にいる。ファンも後押ししれくれる。記憶に残るレースになるだろう。」

レプソル・ホンダ1・2フィニッシュを達成すれば、チームメイトのタイトル獲得が決定する状況の中、ペドロサは、2002年に125ccクラスで、2004年と2005年に250ccクラスで優勝経験がある得意のサーキットに臨む。

「エストリルの後、非常に難しい日が続いた。ニッキーにとって、チームにとって、とても大切なレースで起きてしまったあのアクシデントを忘れることは難しいけど、今は忘れなければ。ベストリザルトを獲得するために集注しなければいけない。」

「小さいサーキットだから、MotoGPでは接戦となるだろう。低中速コーナーでバイクのバランスを持つことが重要だ。3度優勝したことがある。チームへベストリザルトをもたらすために自分自身の全てを発揮したい。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›