初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

玉田誠、コニカミノルタ・ホンダでのラストランに

玉田誠、コニカミノルタ・ホンダでのラストランに

玉田誠、コニカミノルタ・ホンダでのラストランに

コニカミノルタ・ホンダは24日、最終戦バレンシアGPが玉田誠にとってラストランになることを発表した。

2003年から最高峰クラスへのフル参戦を開始した当時から、現在のチームメンバーたちと活動を続け、2004年にはリオGPで初優勝を飾ると、同年の地元日本GPではポールポジションから2勝目を挙げた。2005年からコニカミノルタ・ホンダとして、日本GPで2年連続の表彰台を獲得したが、ここ2年間は負傷に見舞われたこともあり、自分の走りが思うようにできない状態が続いていた。

「完全に僕のためにプロジェクトを実現するために作られたチームで、それがどれくらい幸運だったのかをよく知っています。このチームで一緒に仕事をしてきた時間は、ライダーとしても人間としても、最高の4年間でした。ここで学んだことは、僕の将来でいつか貴重な宝になる日が来るでしょう。」

「最初は勝つことも、ほとんどが自然の流れだったのですが、ラストシーズンは自分たちのポテンシャル以下のリザルトでした。だから、僕もチームも、新しいモチベーションを見つける時が来たのかもしれません。チームが僕のためにしてくれたことをよく知っています。そして、彼らにも新しい情熱が必要な時期だと考え、この決断を下しました。」

「コニカミノルタ、ホンダ、サポートしてくれた全てのパートナーに感謝します。僕に厚い信頼を寄せてくれたチームには心からありがとうと言いたいです。特にルカ・モンティロンには本当に感謝したい。彼はいつでも僕のそばにいてくれ、どんな状況でも彼の存在は大きかったです。彼がレースに注いでいる情熱を理解できたことは、僕にとっても大きいことでした。」

「バレンシアでの最終戦は、コニカミノルタカラーでトップを狙いたいです。JiRは僕にとって永遠のチームです。これからも彼らの成功を願います。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Makoto Tamada

Other updates you may be interested in ›