初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、地元勢を抑えて暫定PP奪取

青山博一、地元勢を抑えて暫定PP奪取

青山博一、地元勢を抑えて暫定PP奪取

シリーズ最終戦バレンシアGPの公式予選1は27日、リカルド・トルモで行われ、青山博一が暫定ポールポジションを奪取した。

気温24度。路面温度35度のドライコンディションの中、前戦ポルトガルGPで3戦連続の表彰台獲得に成功した青山は、午前のフリー走行1でトップだった地元出身のエクトル・バルベラとの暫定ポールポジション争いに、0.043秒差で競り勝った。

タイトル争いを演じるポイントリーダーのホルヘ・ロレンソとアンドレア・ドビツィオーソは、3番手と5番手。新人王争いのマルコ・シモンセリと青山周平は、4番手と6番手だった。

7番手以降には、ダビッド・デ・ヘア、アレックス・デ・アンジェリス、ロベルト・ロカテリ、マヌエル・ポジアーリが続き、関口太郎は20番手だった。

高橋裕紀は午前のセッションで転倒した際に右大腿骨を骨折。欠場した。

Tags:
250cc, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP1

Other updates you may be interested in ›