初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、地元ハットトリック達成に向けて好スタート

A.バウティスタ、地元ハットトリック達成に向けて好スタート

A.バウティスタ、地元ハットトリック達成に向けて好スタート

シリーズ最終戦バレンシアGPのフリー走行1は27日、リカルド・トルモで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度15度のドライコンディションの中、グランプリポスターのモデルに抜擢された新王者バウティスタは、ヘレス、カタルーニャに続く地元ハットトリック達成に向けて、好スタートを切れば、ニコラス・テロール、セルジオ・ガデアの地元勢が続いた。

ランク3位を狙うパティア・パシーニは4番手。ガボール・タルマクシ、ミカ・カリオ、エクトル・ファウベル、エステベ・ラバット、ルーカス・ペセック、ジョアン・オリベがトップ10入りした。

2年間在籍してきたアジョ・モータースポーツから最後のグランプリとなる小山知良は、トップから1.724秒差の20番手。前戦に引き続き負傷代役を務める葛原大陽と渡辺一馬は35番手と38番手だった。

Tags:
125cc, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP1

Other updates you may be interested in ›