初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「スペインにタイトルを捧げられるだろう」

J.ロレンソ:「スペインにタイトルを捧げられるだろう」

J.ロレンソ:「スペインにタイトルを捧げられるだろう」

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、13ポイント差のアドバンテージを持って、最終戦バレンシアGPに臨む。最終決着の週末を前に、ヤングライダーは心境を語った。

Q:今の心境は?
A:今週末は特別なレースに臨む。タイトル争い。今までに挑んだことがなく、当然これまで体験したレースとは違うだろう。スペイン人ファン、僕のファンの前で走る。最高の環境だ。

Q:最終戦にどう立ち向かう?
A:僕が知っているように、これまでと同じように、ナチュラルに走らないと。そのように走れば、全てが上手く行くはずだ。

Q:前戦で学んだことは?
A:状況によって、違った形でレースに臨むことを学んだ。エストリルではいつもより守りに入ってしまったけど、何のトラブルもなく、完走し、タイトルに少し近づくための貴重なポイントを獲得したことは重要だった。

Q:当然、逆転が必要な状況よりも、アドバンテージを守りに行く方が、レースに立ち向かいやすい状況ではないか?
A:13ポイント差のギャップよりも、アドバンテージがあった方がいい。もちろん、一生懸命に働かなければいけない。

Q:決勝レースへの戦略は?
A:あまり迷わず、今までのように走り、神様が望むなら、スペインにタイトルを捧げられるだろう。

Q:昨年の最終戦は2位だった。
A:昨年は予選があまりにも上手く行かなかった。セッティングを見つけるのに苦労した。レースでは上手く行き、2位でフィニッシ。チャンピオンだけが僕の前にいた。昨年のベストレースの1つで、満足感を得て、バカンスに入れた。今年は昨年以上になることを願う。

Tags:
250cc, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›