Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、最終戦で今季初ポール

青山博一、最終戦で今季初ポール

青山博一、最終戦で今季初ポール

シリーズ最終戦バレンシアGPの公式予選2は28日、リカルド・トルモで行われ、青山博一が今シーズン初のポールポジションを奪取した。

気温30度。路面温度39度のドライコンディションの中、暫定ポールポジションの青山は、昨年ダニ・ペドロサが樹立したサーキットベストラップを0.189秒更新する1分35秒109を叩き出し、昨年の第12戦マレーシアGP以来20戦ぶり通算3度目のトップグリッドから明日の決勝レースを迎える。

地元で初タイトル獲得を狙うホルヘ・ロレンソは、0.341秒差の2番手。シーズン15度目の1列目を確保すれば、アレックス・デ・アンジェリス、ロベルト・ロカテリ、エクトル・バルベラのアプリリア勢が続き、ランク2位のアンドレス・ドビツィオーソは2列目7番手から逆転を目指す。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー争いは、マルコ・シモンセリが5番手。青山周平が8番手と2列目に並んだ。

地元出身のダビッド・デ・ヘアとアレックス・デボンがトップ10入り。関口太郎は21番手だった。

Tags:
250cc, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA, QP2

Other updates you may be interested in ›