初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、990cc最終戦で初の1・2位フィニッシュ

ドゥカティ、990cc最終戦で初の1・2位フィニッシュ

ドゥカティ、990cc最終戦で初の1・2位フィニッシュ

ドゥカティ・マールボロは、最終戦バレンシアGPで初の1・2位フィニッシュを決めた。

2003年からMotoGPへのフル参戦を開始したイタリアンファクトリーは、990cc時代の最終戦で負傷代役を務めたトロイ・ベイリスがキャリア初の優勝を飾れば、ロリス・カピロッシがシーズン8度目の表彰台獲得で、ランク3位を獲得。同時にコンストラクラーズ部門で3位、チーム部門で3位を獲得。参戦4年目でベストリザルトを奪取することに成功した。

ドゥカティ・モーター・ホールディングのフェデェリオ・ミノーリ代表は、「ドゥカティ・マールボロの歴史において、2台が表彰台の一番高いところを占めたのは初めてのことです。そして、開幕戦と最終戦を優勝したことも初めてです」と歴史的快挙を喜んだ。

「2006年の歴史的なベストリザルト以外に、ロリスがランク3位を獲得しました。ビックなシーズンのビックな結末です。来年に向けて最高の前兆であり、チーム、ドゥカティ、テクニカルコラボレーションたち、そしてスポンサーたちにとって、情熱と自信を注入してくれます。」

代役として最高の仕事をやり遂げたベイリスは、「2002年の終りに、ここバレンシアで初めてデスモセディチを走らせた。2003年と2004年にフル参戦し、そして、最後のレースにもう一度走れるチャンスが生まれ、それを逃すことができなかった」と振り返った。

「このビックチャンスの可能性をもたらせてくれた全ての関係者に感謝したい。MotoGPにおける僕のラストチャンスだったことも付け加えたい。僕は今いる場所が適しているし、若手に場所を譲ることがベストだ。確かにここで優勝することは信じられないことけど、僕はまだまだ速い!」

ドゥカティ所属4年目でランク3位を獲得したカピロッシは、「信じられないシーズンだった。優勝者も多く、最後まで激戦だった。今日の2位で、新王者とは22ポイント差のランク3位を獲得。ハッピーだ」と喜びを語った。

「シーズン中には難しい時期もあったけど、僕のチームは常に完璧だった。将来に向けて集注する準備は出来ている。水曜から本格的なGP07のテストが始まるけど、ここまでは順調だ。最後にトロイを祝福したい。金曜から速かった。彼こそ本物のタレントだ!」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›