初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バロス、デスモセディチ&ブリヂストンを初テスト

A.バロス、デスモセディチ&ブリヂストンを初テスト

A.バロス、デスモセディチ&ブリヂストンを初テスト

プラマック・ダンティーンは1日、MotoGP合同テスト初日に参加するために、最終戦バレンシアGP後にリカルド・トルモに延滞。アレックス・バロスが初テストに取り組んだ。

1年間のスーパーバイク世界選手権参戦を経て、ブラジル人ライダーは、ブリヂストンタイヤを装着したデスモセディチGP06サテライトを初ライド。意欲的に61ラップを走った。

「僕たちの初テストとしては上々だ。いいところがたくさんあったし、働かなければいけないところもあったけど、そのために僕たちはここにいる」と初テストを振り返った。

「ブリヂストンのタイヤは良かった。第一印象はいいけど、まだ改善する余地はある。僕のベストタイムは、今日のトップタイムから1秒以内。結論から言えば、このチームで全てが本当に良かった。とても人間的で、仕事の方法が気に入った。」

チームマネージャーのルイス・ダンティーンは、「全体的に大変嬉しいです。フィーリングは全てのレベルで良かく、初テストとしては満足です。2007年シーズンは今から始まり、たくさんの仕事をしなければいけません」と抱負を述べた。

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›