初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.ポンチャラル、IRTA&ドルナスポーツ社との合意を説明

H.ポンチャラル、IRTA&ドルナスポーツ社との合意を説明

H.ポンチャラル、IRTA&ドルナスポーツ社との合意を説明

IRTA(国際レーシングチーム連盟)のエルベ・ポンチャラルは、ドルナスポーツ社との延長契約について、説明した。

2006年途中から、IRTAの代表者に選ばれたフランス人マネージャーは、最終戦バレンシアGPの際に、世界選手権のマネージメントを統括するドルナスポーツ社と5年間の延長契約に関して、合意に達したことを発表。「IRTAの代表者として、パドックを代表する関係者やドルナのスタッフ、そして代表者であるカルメロ・エスペレータ氏と親密な話し合いをシーズン中にしてきました。IRTA、ドルナ、そしてMSMA(製造メーカー連盟)の三者間で合意することを模索しなければいけませんでした」と説明した。

「2002年から2006年までの合意を基本として、MotoGPの発展のために、チームがベストコンディションで仕事ができることを保障することです。」

「セフティー委員会のバレンティーノ・ロッシ、ロリス・カピロッシ、ケニー・ロバーツ・ジュニアらを含めて、各方面からの意見に注意深く耳を傾けてくれるエスペレータ氏と一緒に、MotoGPの発展のために会話を進めていくことができるのは幸運なことです。ライダーが要求することに対して、素早く対応してくれました。」

「MotoGPチームの発展は、250ccと125ccのチームに反映されます。ドルナ社との新たな合意は、チャンピオンシップの将来的な発展を広げます。」

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›