初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト2日目

セパン合同テスト2日目

セパン合同テスト2日目

MotoGPクラスのセパン合同テスト2日目は16日、マレーシアのセパン・サーキットで行われた。

初日に見舞われた豪雨の影響により、コースの一部が濡れていたため、セッション開始が少し遅れたが、2日目は比較的順調にテストが進行。タイムアップ30分前に雨が降り始めたことから、予定よりも早くセッションが終了した。

初日に続き好パフォーマンスを披露したのは、リズラ・スズキ勢。ジョン・ホプキンスとクリス・バーミューレンは、サスペンションとブリヂストンタイヤを中心に電気系統のテストに取り組み、非公式ながら2分02秒台を刻み、新型800ccマシンの開発が順調に進んでいることを証明。ホプキンスは、20ラップのロングランを行い、好リズムで周回を重ねた。

コーリン・エドワーズは、新型シャーシのセッティングに集中すれば、ニッキー・ヘイデンはサスペンションを中心に新しいパーツやフロントタイヤをテストした。

オリビエ・ジャックは、カワサキの新型800ccマシンを初披露。現行型との比較テストに取り組んだ。

非公式ラップタイム
J.ホプキンス(スズキ):2分02秒73(58ラップ)
C.バーミューレン(スズキ):2分02秒83(62ラップ)
C.エドワーズ(ヤマハ):2分02秒91(48ラップ)
N.ヘイデン(ホンダ):2分03秒74(74ラップ)
T.エリアス(ホンダ):2分03秒87(60ラップ)
C.チェカ(ホンダ):2分04秒08(80ラップ)
O.ジャック(カワサキ):2分04秒47(37ラップ)
玉田誠(ヤマハ):2分04秒65(56ラップ)
岡田忠之(ホンダ):2分05秒63(63ラップ)

サーキットレコードラップ‐2006年L.カピロッシ:2分02秒127
サーキットベストラップ‐2006年V.ロッシ:2分00秒605

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›