初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.エドワーズ、新型800ccマシンを評価

C.エドワーズ、新型800ccマシンを評価

C.エドワーズ、新型800ccマシンを評価

コーリン・エドワーズは先週、3日間のセパン合同テストに参加。新型800ccマシンがM1と大きく異ならないことを評価した。

「満足だ。ヤマハはビックな仕事をやり遂げ、僕たちは今回のテストでたくさんのことを学んだ。率直に言って、新しいバイクは昨年型とだいたい同じだけど、昨年の問題はもう発生しないだろう。」

最終日には新型シャーシをテスト。ミシュランのタイヤを試し、高評価を語った。

「試した新しいマテリアルはいいようだけど、今はまだこのコースでテストしただけ。今回一番重要だったのは、ミシュランの新しいタイヤをテストしたことで、いい方向で進んでいるようだ。」

「800ccに関しては、例えば僕のようにスイートに扱うライダーであれば、好タイムを稼げるだろう。」

セパン合同テスト非公式タイム:
1日目:2分03秒56(32ラップ)
2日目:2分02秒91(48ラップ)
3日目:2分02秒43(32ラップ)

2006年第13戦マレーシアGPフリー走行ベストタイム:2分02秒800
2006年第13戦マレーシアGP決勝レースベストタイム:2分03秒107

サーキットレコードラップ‐2006年L.カピロッシ:2分02秒127
サーキットベストラップ‐2006年V.ロッシ:2分00秒605

Tags:
MotoGP, 2006, Colin Edwards

Other updates you may be interested in ›