初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレス合同テスト:アプリリア&KTMがテストスタート

ヘレス合同テスト:アプリリア&KTMがテストスタート

ヘレス合同テスト:アプリリア&KTMがテストスタート

250ccクラスのヘレス合同テスト初日は20日、ヘレス・サーキットで行われ、青山博一がトップタイムをマークした。

2007年型マシンの開発を担当する青山は、「前回のバレンシアと同じく、新しい車体を中心に、ダンロップタイヤのテストも行いました。コースが変われば、インフォメーションが変わります。新しいことをいろいろ試し、理解してきましたので、このまま好天気が続くことを期待します」と振り返った。

エクトル・バルベラはチーム・トスで、ロベルト・ロカテリはジレラで初テストを行い、アレックス・デ・アンジェリスは、アプリリアの新型マシンをテストに取り組んだ。

125ccクラスからのスイッチ組、アルバロ・バウティスタ、ミカ・カリオ、トーマス・ルティは、バレンシア合同テストに引き続き、250ccマシンへの乗り込みと走り込みを行った。

ヘレス合同テスト初日非公式タイム
青山博一:1分43秒8(69ラップ)
H.バルベラ:1分44秒408(76ラップ)
M.カリオ:1分44秒4(50ラップ)
A.バウティスタ:1分45秒268(62ラップ)
A.デアンジェリス:1分45秒361(12ラップ)
R.ロカテリ:1分46秒027(38ラップ)
T.ルティ:1分46秒409(36ラップ)

サーキットレコードラップ‐2001年加藤大治郎:1分44秒444
サーキットベストラップ‐2005年D.ペドロサ:1分42秒868

Tags:
250cc, 2006, Hector Barbera, Hiroshi Aoyama, Roberto Locatelli

Other updates you may be interested in ›