初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ガデア:「もっと上を狙っていたが...」

S.ガデア:「もっと上を狙っていたが...」

S.ガデア:「もっと上を狙っていたが...」

セルジオ・ガデアは、最終戦バレンシアGP終了後に古傷の左肩を手術。ヘレス合同テストに参加せず、リハビリに専念する一方で、3年目のシーズンを振り返った。

Q:肩の手術を受けたけど、シーズンが終わって、ようやく落ち着いた生活を過ごしているようだけど?
A:正直言って、早くバイクに乗りたい。今は左肩を手術したばかりだから、シーズン中とは生活のリズムが少し違うけど、開幕戦には100%の状態で臨めるように、体調を整えたい。

Q:今シーズンの成績は期待通りだったかい?
A:もっと上の成績を狙っていたから、全てに満足している訳ではない。僕はタイトルを獲得するつもりでいたけど、最終的にはランク5位を確保しなければいけなかった。

Q:今シーズン学んだことは?
A:タイムに関しては、大きくステップアップした。多くのサーキットで速く走れたのは、僕たちの努力の賜物だろう。プロ意識を高く、根気強く仕事に取り組んで、各サーキットで速く走れることを学んだ。

Q:今シーズン一番の思い出は?
A:バレンシアの表彰台だ。2004年のリベンジができ、熱狂的な雰囲気を楽しんだ。それと、アッセンのレースは僕のベストレースの1つだった。

Q:では、最悪の思い出は?
A:フィリップアイランド、もてぎ、エストリルの3連戦だ。1年で最悪の結果だった。

Q:来シーズン、タイトル候補に挙げられていることに関しては?
A:候補として見られたくない。ノーマルな状態で仕事を始め、実力を証明したい 。

Q:来シーズンのライバルは?
A:今シーズンはレベルが高かった。250ccクラスに移るライダーたちがいるけど、レベルが継続されることを期待する。ライバルは多いけど、その中でもファウベル、ペセック、パシーニ、テロールだろう。

Tags:
125cc, 2006

Other updates you may be interested in ›