初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレス合同テスト2日目:小山、自己ベスト更新

ヘレス合同テスト2日目:小山、自己ベスト更新

ヘレス合同テスト2日目:小山、自己ベスト更新

ヘレス合同テスト2日目は21日、ヘレス・サーキットで行われ、小山友良が自己ベストを更新。ガボール・タルマクシが連日のトップタイムをマークした。

KTMテスト2日目となった小山は、右コーナーでローサイドの初転倒を喫したが、その直後に今年の開幕戦スペインGP決勝レースで記録した1分49秒127、公式予選でマークした自己ベスト1秒48秒509を上回る1分47秒5を叩き出した。

「あの転倒で進化しました。テレメトリーとデータを確認して、フロントを変えてみました。そしてコース出て直ぐに、47.5秒台が出ました。48秒前半は中古タイヤで普通に出ます。以前だったら、転んだら、そこが限界だと思いましたが、転倒して、原因を追究して、そこから上がりました。」

軽量級で優勝経験を持つタルマクシは、アプリリアの今年型で2日連続のトップタイム。エクトル・ファウベルは初日に引き続き、今年型と来年型の比較テストに取り組んだ。

負傷から復帰したWRTのアンドレア・イアンノーネとステファノ・ビアンコがテストに参加。CEVスペイン選手権第6戦バレンシア・ラウンドで5位だったKTMのランディ・クルメンナッハがチームに合流した。

ヘレス合同テスト2日目非公式タイム

G.タルマクシ:1分47秒046(39ラップ)
小山友良:1分47秒5(55ラップ)
H.ファウベル:1分48秒003(50ラップ)
B.スミス:1分48秒311(77ラップ)
L.サネティ:1分48秒739(50ラップ)
S.コルテセ:1分48秒945(62ラップ)
R.クルメンナッハ:1分49秒7(29ラップ)
A.イアンノーネ:1分49秒902(59ラップ)
S.ビアンコ:1分50秒398(38ラップ)

サーキットレコードラップ‐2003年L.ペセック:1分47秒704
サーキットベストラップ‐2006年M.パシーニ:1分46秒937

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›