初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バルジール・セードルフ、ホンダからデルビへ

バルジール・セードルフ、ホンダからデルビへ

バルジール・セードルフ、ホンダからデルビへ

バルジール・セードルフは、デルビのファクトリーチームとして2007年シーズンに参戦することが決定した。

チームの母体であるセードルフ・レーシングは、チームを結成した2002年からアプリリアのマシンを起用。2005年からホンダのサテライトチームとして参戦していた。

チームマネージャーのステファノ・ベドンは、「ライダーはルーカス・ペセックとニコラス・テロールを、チーフメカニックにはステファノ・リミヌッチを起用します。我々はタイトルを目指すチームにならなければいけません。特にペセックに期待していますが、テロールも後半戦はビックなパフォーマンスを見せ、速いライダーであることを証明しました」と、新しい挑戦に向けて抱負を語った。

ベドンは、2006年にファブリッツィオ・ライを起用したが、困難なシーズンに出くわしたことを認めた。

「ライはビックなシーズンを経て、我々に合流しました。チームは休みなく働き続けましたが、125ccクラスのレベルが上がり、特にアプリリア勢が大きな進化を果たしました。」

「今シーズン、ホンダ勢がその能力を発揮したのは、特別なコンディションの時だけでした。ウェットからドライに変わったルマのレースで、トーマス・ルティが優勝して、ライが3位でした。しかし、そのような状況はシーズン中に二度となく、ホンダ勢にとっては有利ではありませんでした。」

Tags:
125cc, 2006

Other updates you may be interested in ›