初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEV:D.サロンが初タイトル獲得

CEV:D.サロンが初タイトル獲得

CEV:D.サロンが初タイトル獲得

CEVスペイン選手権の最終戦ヘレス・ラウンドは26日、ヘレス・サーキットで行われ、エステバ・ラバット、カルメロ・モラーレス、ダビッド・サロンがそれぞれのクラスで優勝。サロンがスーパースポーツで初タイトルを獲得した。

81人がエントリーした125ccクラスは、第16戦ポルトガルGPの決勝レースで左鎖骨と左手舟状を骨折したマイク・ディ・メッリオが、コース一部がウェットコンディションの中、レインコンディションで獲得したポールポジションからレースをリード。しかし、8ラップ目にマシントラブルに見舞われ、リタイヤを余儀なくされると、3番グリッドのラバットがトップに立ち、前戦バレンシア・ラウンドに続き、2連勝を飾った。

2位争いは、レッドブルMotoGPアカデミーのジョナス・フォルガーが競り勝ち、スコット・リーディングが初めて表彰台を獲得した。14番グリッドからスタートした大谷和也は18位だった。

前戦は独走中に転倒を喫し、開幕からの6連勝を逃した王者ポル・エスパルガロは、朝のウォームアップ走行中に転倒を喫して手首を骨折。欠場した。

フォーミュラーエクストリームは、7番グリッドのモラーレスが2連勝を飾り、フリアン・マスコエスが2位、ジョセプ・サルダが3位を獲得。前戦で2連覇を達成したダビッド・デ・ヘアはポールポジションを獲得したが、マシントラブルにより、5ラップ目にリタイヤした。

スーパースポーツは、1ポイント差のアドバンテージでポイントリーダーに立つサロンが、3連勝で勢いに乗り、ポールポジションのハビエル・フォーレスとランク2位のアドレアン・ボナストレとのバトルに競り勝ち、開幕戦以来の2勝目で初タイトルを奪取した。

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›