初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレス合同テスト2日目:騎士ロッシがセッションをリード

ヘレス合同テスト2日目:騎士ロッシがセッションをリード

ヘレス合同テスト2日目:騎士ロッシがセッションをリード

MotoGPの合同テスト2日目は29日、ヘレス・サーキットで行われた。

初日は昼過ぎからの雨により、テストを早めに切り上げたチームが多かったが、2日目は天候が回復。14時頃まで路面が濡れていたが、ドライコンディションの中で、テスト参加者たちは意欲的に周回を重ね、テストプログラムを消化して行った。

最終戦バレンシアGPでタイトル連覇に成功した際に予定していた『伝説のアーサー王』のパフォーマンスを継続し、タイトル奪回に向けての意思表示を表す剣のステッカーを貼って登場したバレンティーノ・ロッシは、最多の82ラップを走行。モンツァ・ラリー・ショーの優勝から気持ちを切り替え、今年3月末の開幕戦スペインGPの決勝レースでロリス・カピロッシがマークした最速ラップ1分41秒248を大きく上回った。

初日に懸案のウェットテストができたルーキー・オブ・ザ・イヤーのダニ・ペドロサも1分41秒台を突破すれば、コーリン・エドワーズが3番手。セパン合同テストをリードしたジョン・ホプキンス、クリス・バーミューレンのリズラ・スズキ勢、ケーシー・ストーナー、カピロッシのドゥカティ・マールボロ勢が続いた。

初日はRC212V初ライドで初感触を掴む程度だったマルコ・メランドリと中野真矢は、積極的に45ラップと63ラップを走行。アレックス・バロスも同様に2日目のデスモセディチGP07で走り込んだ。

ヘレス合同テスト2日目非公式タイム

1.V.ロッシ(ヤマハ):1分40秒688(82ラップ)
2.D.ペドロサ(ホンダ):1分40秒799(61ラップ)
3.C.エドワーズ(ヤマハ):1分41秒186(48ラップ)
4.J.ホプキンス(スズキ):1分41秒205(60ラップ)
5.C.バーミューレン(スズキ):1分41秒619(56ラップ)
6.C.ストーナー(ドゥカティ):1分41秒702(43ラップ)
7.L.カピロッシ(ドゥカティ):1分42秒244(27ラップ)
8.M.メランドリ(ホンダ):1分42秒469(45ラップ)
9.中野真矢(ホンダ):1分42秒528(63ラップ)
10.A.バロス(ドゥカティ):1分43秒182(63ラップ)
11.岡田忠之(ホンダ):1分43秒316(59ラップ)
12.V.グアレスッキ(ドゥカティ):1分44秒449(49ラップ)
13.J.マクウィリアムス(イルモア):1分45秒265(27ラップ)
14.A.ピット(イルモア):1分47秒110(35ラップ)

サーキットレコードラップ‐2005年V.ロッシ(ヤマハ):1分40秒596
サーキットベストラップ‐2006年L.カピロッシ(ドゥカティ):1分39秒064

Tags:
MotoGP, 2006, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›