初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.シモン、初ライドで好パフォーマンス

J.シモン、初ライドで好パフォーマンス

J.シモン、初ライドで好パフォーマンス

フリアン・シモンは、先週ヘレス合同テストに参加。250ccマシンを初ライドした。

125ccクラスに4年間フル参戦してきた19歳のスペイン人ライダーは、最終戦バレンシアGPで転倒を喫したことから、第6戦カタルーニャGPで右大腿骨を骨折したこともあり、大事をとってバレンシア合同テストをキャンセル。今回のテストが250ccマシンの初走行となった。

「初乗りはビックな経験となった。嬉しい。基本的には新しいクラスに早く順応するために、走り込み、走行距離を重ねることに徹した。」

「125ccよりも体力的な部分で要求されることが高くなるから、3日間のテストを終えて、少し疲労を感じる。これから少し休んで、2007年に向けて準備を整えるために、トレーニングに専念するつもりだ。」

ヘレス合同テスト:

1日目:1分46秒063(40ラップ)
2日目:1分43秒986(54ラップ)
3日目:1分44秒153(55ラップ)

サーキットレコードラップ‐2001年加藤大治郎(ホンダ):1分44秒444
サーキットベストラップ‐2005年D.ペドロサ(ホンダ):1分42秒868

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›