初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WTRブラウエル、2007年体制決定

WTRブラウエル、2007年体制決定

WTRブラウエル、2007年体制決定

WTRブラウエルは、2007年シーズンにアンドレア・イアンノーネとステファノ・ビアンコを起用することを発表した。

2006年シーズンは、2004年欧州選手権王者ミケール・ピロを起用していたイタリアンチームだったが、第13戦マレーシアGPから、前戦チェコGP前にカンペテーラ・レーシングのシートを失っていた17歳のイアンノーネを召集。継続起用することを決定した。

2002年から2年間フル参戦していた21歳のビアンコは、2004年にスペイン選手権に挑戦。最終戦までタイトル争いを繰り広げていたが、決勝レースのスタート直後に大アクシデントに見舞われ、骨盤を骨折し、2006年に3Cレーシングから復帰が決定していたが、見送られていた。

イアンノーネとビアンコは、同チームから11月下旬にヘレス・サーキットで2日間のテストに取り組んでいた。

また、250ccクラスのチームに関しては、ミシェル・ダネーゼが第3戦トルコGPで負傷。第5戦フランスGPからジョルディ・カルチャノを代役として起用していたが、チームコーディネーターのマッテオ・ナポリターノは、2007年に向けて、マヌエル・ポジアーリと交渉があったが、合意に達せず、125ccクラスに専念すること認めた。

Tags:
125cc, 2006

Other updates you may be interested in ›