初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEVから世界に羽ばたくヤングライダーたち

CEVから世界に羽ばたくヤングライダーたち

CEVから世界に羽ばたくヤングライダーたち

FIMは12月19日に暫定エントリーリストを発表。2006年にCEVスペイン選手権に参戦した7人のヤングライダーたちが世界舞台への進出を決めた。

過去には、ダニ・ペドロサ(2000年ランク4位)、トニ・エリアス(1999年3位)、ケーシー・ストーナー(2001年2位)、ホルヘ・ロレンソ(2001年4位)、エクトル・ファウベル(2001年3位)を代表するように、毎年多くのライダーを輩出していることから、世界選手権への登竜門として、隣国のイギリス、フランスだけでなく、イタリア、ドイツ、オランダ、アメリカ、アルゼンチンなど世界中から自国の選手権で優秀の成績を挙げたヤングライダーたちが集まり、レベルの高いレースが展開されている。

昨年度の王者ポル・エスパルガロは、初挑戦した第7戦カタルーニャGPで13位。史上最年少(15歳と8日)のポイント獲得記録を樹立していた。

CEV出身の主なライダーは次の通り。

2006年ランキング
1位:P.エスパルガロ→カンペテーラ・レーシング・ジュニア(125ccクラス)
2位:E.ラバット→レプソル・ホンダ(125ccクラス)
3位:J.フォルガー(13歳のため、レッドブルMotoGPアカデミーからCEVへ連続参戦)
4位:K.コグラン→ウィノナ・WCM(250ccクラス)
11位:H.バン・デル・ベルク→ウルト・BQR(125ccクラス)
16位:D.ウェッブ→アリー・モレーナー・レーシング(125ccクラス)
25位:D.リンフット→ウィノナ・WCM(250ccクラス)

2005年ランキング
1位:M.トゥネス→チーム・アスパルからCEVへ復帰
2位:B.スミス→レプソル・ホンダ(125ccクラス)
3位:S.ビアンコ→WTR・ブラウエル(125ccクラス)
6位:R.タンブリーニ→未定
10位:S.グロティスキ→マルチメディア・レーシング(125ccクラス)
12位:F.ペレン→ストップ&ゴー(250ccクラス)から参戦予定

2004年ランキング
1位:A.エスパルガロ→ウルタ・BQR(250ccクラス)
2位:J.ミラーレス→負傷から復帰し、CEVへ参戦予定
3位:N.テロール→セードルフ・レーシング(125ccクラス)
4位:J.カルチャノ→未定
6位:F.サンディ→未定
8位:M.ダネーゼ→未定
9位:A.イアンノーネ→WTR・ブラウエル(125ccクラス)

チャンピオン
2006年:P.エスパルガロ
2005年:M.トゥネス
2004年:A.エスパルガロ
2003年:A.バウティスタ
2002年:H.バルベラ
2001年:A.ロドリゲス
2000年:J.オリベ

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›