初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、2007年プロジェクト発表

ドゥカティ、2007年プロジェクト発表

ドゥカティ、2007年プロジェクト発表

ドゥカティ・マールボロは16日、イタリアのスキー場マドンア・ディ・キャンピグリオで毎年恒例のチーム発表会を行い、ドゥカティ・モーターの代表者であるフェデリコ・ミノーリとニューフェイス、ケーシー・ストーナーが出席した。

ミノーリは、「ドゥカティは高額な投資をすると共にイタリアの情熱、テクノロジー、エンジニアリングをマジックのように組み合わせますが、出資面においては均衡を維持することができ、昨年と同等なレベルにあります」と2007年プロジェクトについて説明した。

「新チームに大変満足しています。ロリス・カピロッシは我々と一緒にMotoGPに参戦するだけでなく、我々のイメージでもあります。そして、ケーシー・ストーナーは将来を象徴します。」

「ケーシーはヤングライダーですが、成熟し、よりコンスタントにならなければいけません。彼が成長する上で、チームは正真正銘のマスターがいます。レイニーは以前、『速いライダーが転倒しないことを学ぶのは、遅いライダーが速く走ることを学ぶより簡単だ』と言いました。我々2人のライダーの幸運を祈り、チームは他のチームより最高のことをすることを期待します。」

数日前に数年間付き合ってきた恋人と結婚したオーストラリア人ライダーは、「ドゥカティはMotoGPにデビューしてから非常に強いバイクであることを証明してきた。常に戦闘力が高く、ブリヂストンのタイヤも同じように戦闘力がある。そのことは初テストで実証することができた。素晴らしいコンビネーションがあり、ビックなファミリーとなることを確信している。このファミリーの一員になることが誇りだ」と、満面の笑みで語った。

「アイディアを浸透できるチームメイトがいることはいいことだ。ロリスからたくさんのことを学べるだろう。キャリアのこの時期において、最高のチームメイトだと考える。」

「成長しながら可能な限りのベストリザルトを追求したい。バイクに関してはポテンシャルに満足。前のバイクと比べて大きな違いを感じない。成長し続ける自信がある。」

Tags:
MotoGP, 2007, Casey Stoner

Other updates you may be interested in ›