初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KR212V完成

KR212V完成

KR212V完成

チーム・ロバーツのチームマネージャー、チャック・アスクランドは完成したばかりのKR212V開発プロセスについて説明。22日から始まるセパン合同テストでシェイクダウンすることを認めた。

Q:短期間に新型マシンを完成させたが、どのような開発プロセスだったのか説明してもらえるかい?
A:昨シーズン末までに、製作に関する基本的な計画が出来上がっていました。HRCが新型エンジンに関しての情報をポルトガルGPの際に提供してくれたおかげで、我々のデザインチームはアイディアを出し始めました。昨シーズンを通して、我々のエンジニアたちとメカニックたちはデータを収集し、もちろん、ケニー親子は新しいデザインに関心を寄せていました。

チームは素晴らしい仕事をしました。卓上のアイディアを組み合わせ、僅か90日間で作り上げたことは信じられません。来週のシェイクダウンに向けて、我々は準備が整っています。

Q:KR211Vの経験が活かされたのか?
A:ここ数年の経験は非常に重要でした。ここに至るまで苦労しました。ここと言うのはムジェロの頃だと言えます。車体を大きく変更し、KR212Vは学習した全てのことを凝縮したバイクです。デザインは斬新ですが、車体は新しいコンセプトを発展させたものです。昨シーズンの進歩から、さらに戦闘力が高まる可能性があると思います。

Q:HRCとの関係については?
A:HRCとの関係は最初から良好です。我々を大きく支援してくれました。当然、現在はより親密なコンタクトがあり、彼らは我々の能力を把握しています。デザイン過程において、HRCとの間で多くの連絡交換がありましたが、彼らの対応は非常に迅速でした。そのことが我々のバイクを僅か3ヶ月で完成するカギとなりました。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›