初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

玉田誠、意欲的にタイヤテストこなす

玉田誠、意欲的にタイヤテストこなす

玉田誠、意欲的にタイヤテストこなす

玉田誠は、今年初テストとなったセパン合同テストで、ダンロップタイヤのテストを意欲的に取り組んだ。

最高峰クラス挑戦5年目を迎える玉田は、テック3・ヤマハに移籍してから2度目のテストを実施。連日30度を越えるホットコンディションの中、ダンロップが準備して大量のタイヤを次々にテストした。

「今回のテストはダンロップタイヤの方向性を見極めるメニューに専念しました。まだまだ課題はありますけど、今回のデータを元に次回のテストではさらに進歩したタイヤになっていると思います。」

セパン合同テスト:
1日目:2分03秒785
2日目:2分04秒350
3日目:2分03秒308

2006年公式予選:2分02秒918
2006年決勝レースベストラップ:2分03秒597

*2006年第13戦マレーシアGPの公式予選は豪雨により中止。3回のフリー走行のベストタイムにより、スターティンググリッドが決定した。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›