初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィリップアイランド合同テスト初日:主役たちのコメント

フィリップアイランド合同テスト初日:主役たちのコメント

フィリップアイランド合同テスト初日:主役たちのコメント

M.メランドリ
「今日のテストの進み具合に満足。セパンで収集したデータをベースに、シャーシとサスペンションの仕事に集中し、早くセッティングが見つかった。」

L.カピロッシ
「初日にすごく落ち着いて仕事をすることができたから満足。セパンの見つかったセッティングでスタートし、このコースでも有効だった。バイクは最初の周回から良く走ったけど、まだまだ改善の余地はある。」

N.ヘイデン
「セッティングとポジション合わせをメインに仕事をした。それに、コンディションもコース特性も全く違うフィリップアイランドで、先週のセパンで気に入った幾つかのことを確認した。ここで800ccはすごく楽しい。」

D.ペドロサ
「バイクの印象はいい。セパンとはサーキットの特性が異なるから、比較することができ、短く、高低差のあるこのコース用のセッティング作業を始めることができた。」

C.ストーナー
「腕の問題は完全になくなり、バイクの集中することができた。コーナー出口のバランスを向上させるために、特にリアの足回りの仕事に取り組んだ。」

C.チェカ
「先週のセパン同様、RC212Vの車体セッティングの仕事を続けた。ここは高速コース。フロント、リアのグリップを高めないといけない。」

T.エリアス
「まだまだやることが沢山あるけど、進歩しているのが見えるから嬉しい。テストへの取り組み方がいい。フロントのフィーリングをもっと良くしたい。」

K.ロバーツ・ジュニア
「安定性が交渉したようだが、コーナリングの中間と出口に関しては、まだまだ改良しなければいけないだろう。」

中野真矢
「昨夜熱が出て、お腹も痛く、今日も体調が良くなかったから、途中でテストプログラムを切り上げました。明日からのテストで少しでもいい状態で臨めるように、休みます。」

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›