初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト初日

セパン合同テスト初日

セパン合同テスト初日

MotoGPの合同テストは5日、マレーシアのセパン・サーキットで行われ、コーリン・エドワーズがトップタイムをマークした。

4チーム7人が参加した合同テストは、朝10時からセッションがスタート。午後からサーキット上空は雲に覆われたが、雨に見舞われず、テストプログラムを順調に消化。ヤマハ・ファクトリー勢が上位を独占すれば、最多85ラップを周回したランディ・ド・プニエは、3番手のタイムを刻んだ。

テック3・ヤマハの玉田誠は、ダンロップのタイヤテストに取り組み、開発が進んでいることを証明した。

セパン合同テスト初日
1.C.エドワーズ:2分02秒175(47ラップ)
2.V.ロッシ:2分02秒221(40ラップ)
3.R.ドプニエ:2分02秒966(85ラップ)
4.玉田誠:2分03秒219(68ラップ)
5.O.ジャック:2分03秒959(60ラップ)
6.S.ギュントーリ:2分06秒558(55ラップ)
7.A.ピット:2分08秒640(49ラップ)

サーキットレコードラップ‐2006年L.カピロッシ:2分02秒127
サーキットベストラップ‐2006年V.ロッシ:2分00秒605

Tags:
MotoGP, 2007, Colin Edwards

Other updates you may be interested in ›