初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト2日目

セパン合同テスト2日目

セパン合同テスト2日目

MotoGPの合同テストは6日、マレーシアのセパン・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマークした。

初日よりもホットコンディションに見舞われた中、ヤマハのファクトリー勢は初日に引き続き、セッションをリード。ロッシとコーリン・エドワーズは、ミシュランタイヤのテストをメインに周回を重ね、2週間前のテストから大きく進歩があったことを強調。特にフロントタイヤの高い戦闘力に手応えを得ていた。

玉田誠は、初日同様にダンロップタイヤのテストプログラムに取り組み、フロントタイヤには問題がなく、リヤタイヤでも好感触があることを認めた。

ランディ・ド・プニエは、レースシミュレーションを実施。転倒を喫したが、大事にはいたらなければ、アンドリュー・ピットはV4エンジンの開発テストを続けた。

セパン合同テスト2日目
1.V.ロッシ:2分02秒099(53ラップ)
2.C.エドワーズ:2分02秒117(44ラップ)
3.R.ドプニエ:2分02秒966
4.玉田誠:2分02秒745(52ラップ)
5.O.ジャック:2分03秒761
6.S.ギュントーリ:2分05秒002(56ラップ)
7.A.ピット:2分07秒923

サーキットレコードラップ‐2006年L.カピロッシ:2分02秒127
サーキットベストラップ‐2006年V.ロッシ:2分00秒605

Tags:
MotoGP, 2007, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›