初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.エドワーズ、チームメイトのタイトル奪回を宣言

C.エドワーズ、チームメイトのタイトル奪回を宣言

C.エドワーズ、チームメイトのタイトル奪回を宣言

コーリン・エドワーズは、セパン合同テストで一番時計を刻んだ一方で、チームメイトのバレンティーノ・ロッシがタイトルを奪回できることを強調した。

非公式ながら、サーキットベストラップを上回ったアメリカ人ライダーは、「今年のプレシーズンはすごくいい。僕たちのタイムはいい、昨年よりも疑いなくベストポジションに位置する」と新型800ccマシンとミシュランタイヤの開発が順調に進んでいることを証明した。

「昨年はチャタリングに苦しんだから、バレンティーノがチャンピオンになることができない理由は何もない」 「ダニ・ペドロサはもしかしたら強力なライバルになるかもしれない。」

1日目:2分02秒175(47ラップ)
2日目:2分02秒117(44ラップ)
3日目:2分00秒248(46ラップ)
2006年公式予選:2分02秒800
2006年決勝レースベストラップ:2分03秒107

サーキットレコードラップ‐2006年L.カピロッシ:2分02秒127
サーキットベストラップ‐2006年V.ロッシ:2分00秒605

*2006年第13戦マレーシアGP公式予選は豪雨により中止。3回のフリー走行のベストタイムにより、スターティンググリッドが決定した。

Tags:
MotoGP, 2007, Colin Edwards

Other updates you may be interested in ›