初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ロバーツが推薦するヤングライダー:S.ボンセー

K.ロバーツが推薦するヤングライダー:S.ボンセー

K.ロバーツが推薦するヤングライダー:S.ボンセー

スティーヴィー・ボンセーは、レッドブル・KTM・GP125から世界舞台に初挑戦する。

全米ダートトラック選手権チャンピオンの実績を持つヤングライダーは、ケニー・ロバーツ・シニアの推薦で、11月末にヘレス・サーキットで行われた同チームのテストに参加。1月末のバレンシア合同テストでは元500cc王者の見守る中で、テストを行った。

フレディー・スペンサーのライディングスクールで初めてロードレースを経験して、ダートトラックから転向したボンセーは、「ロードはまだまだ僕にとっては新しいことだけど、好きだ。初めて乗ったのはCBR600。難しかったけど、楽しかった。ロードは難しいけど、コースインするたびに沢山のことを学んでいる」と説明した。

「チャンピオンシップを観るようになってから、この二輪の世界では全く同等のものはないと考えるようになった。ダートトラックでチャンピオンになることから、MotoGPで世界一になることに夢が替わった。」

「ケニー・ロバーツなしでは、おそらく僕はここにいなかっただろう。内側から外側からサポートしてくれた。彼は世界で走れる僕の夢を叶えてくれたパスポートだった。」

Tags:
125cc, 2007, Kurtis Roberts, Stevie Bonsey

Other updates you may be interested in ›