初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フレンチコンビ、好感触

フレンチコンビ、好感触

フレンチコンビ、好感触

カワサキ・レーシングは、今年2度目のセパン合同テストに参加。約1ヶ月後の開幕戦に向けて、2人のフランス人ライダーは新型800ccマシンの開発が進んでいることを証明。ブリヂストンが準備したリアタイヤもパフォーマンスが向上したことを強調した。

3日間で約11レースに相当する237ラップを周回した2年目のランディ・ド・プニエは、「今回のテストは良かった。レースシミュレーションでは安定して走れて満足。セッティングを多少修正し、僕自身もバイクの性能を最大限に引き出すために走り方を合わせた」と説明した。

チーフメカニックとなるフィオレンソ・ファナーリとの関係を築き始めたオリビエ・ジャックは、「疲労困憊だ。信頼感を高めるためにシミュレーションに取り組んだけど、特にここはマレーシアだから、体力的に厳しい。だけど、この3日間の結果に満足。テスト毎にバイクの感触が良くなっているし、タイムが伸びている」と満面の笑みを浮かべた。

R.ドプニエ
1日目:2分02秒966(85ラップ)
2日目:2分02秒966(89ラップ)
3日目:2分02秒071(63ラップ)

O.ジャック
1日目:2分03秒959(60ラップ)
2日目:2分03秒761(78ラップ)
3日目:2分02秒607(55ラップ)

サーキットレコードラップ‐2006年L.カピロッシ:2分02秒127
サーキットベストラップ‐2006年V.ロッシ:2分00秒605

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›