初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バンカハ・アスパルがスペクタクロな発表会

バンカハ・アスパルがスペクタクロな発表会

チーム・アスパルは15日、スペインの首都マドリードでスペクタクロなチーム発表会を行った。

チーム・アスパルは15日、スペインの首都マドリードでスペクタクロなチーム発表会を行った。

会場となったのは、20世紀の巨匠と称された芸術家パブロ・ピカソの代表作『ゲルニカ』が展示されている国立レイナ王妃芸術美術館。250ccクラスのアレックス・デ・アンジェリス、アルバロ・バウティスタ、125ccクラスのエクトル・ファウベル、セルジオ・ガデア、ガボール・タルマクシが、ニューデザインのマシンと共にステージに登場した。

チームマネージャーのホルヘ・マルティスネ・アスパルは、「昨年も活躍が目立ったエクトルは成熟し、セルジオもガボールもモチベーションが高まっています我々のライダーたちに絶対の信頼があります」と軽量級連覇を目指すことを語った。

また、チームの拠点であるバレンシアの地方銀行『バンカハ』がメインスポンサーに就任したことも同時に発表した。

Tags:
250cc, 2007

Other updates you may be interested in ›