初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カンペテーラ・レーシングがチーム発表

カンペテーラ・レーシングがチーム発表

カンペテーラ・レーシングは23日、イタリア・モンテカッシアーノで2007年プロジェクトを発表した。

カンペテーラ・レーシングは23日、イタリア・モンテカッシアーノで2007年プロジェクトを発表した。

イタリアンチームは、3年連続して関口太郎を起用。チームメイトには125ccクラスで実績を積んできたファブリッツィオ・ライを抜擢。アンドレア・バレリーニをてすとらいだーに指名したことを説明した。

ヘレス公式テストで今年初テストを行った関口は、「12月に手術を受け、徐々に回復しています。右脚が左脚と同じぐらいまでに回復するまで、もう数ヶ月必要ですが、以前のような走りができると思います」とチームへの信頼に応えるために、シーズン中盤から本来のパフォーマンスを発揮することを強調した。

中量級に初挑戦するライは、「このチームの一員になれたことが嬉しい。公式テスト前からテストを重ね、直ぐにこのチームが気に入り、バイクも乗った瞬間から感触は良かった。確かに250ccに順応するのに多少の時間が必要だけど、好シーズンにする自信がある」と抱負を語った。

チームオーナーのカルロ・カンペテーラは、プライベートチームとして際立つパフォーマンスを見せることを誓った。「スタンダードマシンを改良するために我々に加わったアディゲに感謝します。我々のプロジェクトは、シーズン終盤に向けて、キットマシンよりも戦闘力をアップさせ、トップ10入りを目指します。」

Tags:
250cc, 2007, Campetella Racing

Other updates you may be interested in ›