初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

V.ロッシ
「午前中のセッションを終え、僕のヤマハは良く機能したから、勝利のオプションがあることは分かっていた。ペドロサが強いことを証明していたから、簡単には行かないことは分かっていた。素晴らしいバトルだった。最後のタイムはファンタスティック。僕のヤマハは飛んだ。」

D.ペドロサ
「タイムセッションの展開に満足。こんなに速く走れるとは期待していなかったから。最後にここに来た時から予選タイヤを履いてのラップがすごく良くなった。それが目標だったし、達成できたから嬉しい。今シーズンはタイヤテストが沢山できないから、すごくいいテストとなった。」

C.エドワーズ
「午前中はバレンティーノも僕も良かった。ミシュランの予選タイヤは素晴らしい。昨年は問題があったけど、僕たちは落ち着いて休める。タイムセッション中は幾つか問題があったけど、それほど深刻ではない。バレンティーノとはセッティングが異なり、追いかけられなかったけど、このように仕事をする必要があった。僕たちはトップ3入り。僕たちは速い。」

N.ヘイデン
「ライバルたちとコースに出て、すごく楽しかった。タイムセッションは初戦の前の小さな挑戦だった。僕の結果はそれほど悪くなかったけど、トップから遠かった。冬の間あまり予選タイヤを使用しなかったけど、ここでいいタイムをマークしたし、数ラップは速かった。」

R.ドプニエ
「予選タイヤで進歩し、トライした。ベストラップをマークした時、ギアがニュートラルに入ってしまい、タイムロスしてしまった。」

中野真矢
「(公式セッションは)もう少し行きたかったです。良くなって来ていましたが、あそこまでタイムが上がると、跳ねの問題がまた発生してしまいました。もう一歩です。午後は悔しくて、気持ちを切り替えて臨み、(ロングランで)1分41秒台で走れたので、レースに向けて、いい感じで終えることができました。予選タイヤのデータも取れました。フランスで体調を整えて、開幕戦に臨みます。」

玉田誠
「正直このタイムが出ると思いませんでした。全てのコーナーで転ぶほど攻めました。現状のベストです。今日も主にタイヤテスト。引っ張れるタイヤがなく、ロングランができませんでしたが、予選タイヤは数種類試すことができ、一歩前進しました。不安が残りますが、次に期待します。マシンは少し調整でき、良くなりました。」

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›