初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、16インチのフロントタイヤに自信

ミシュラン、16インチのフロントタイヤに自信

ミシュランユーザーは、ヘレス公式テストで好パフォーマンスを披露。バレンティーノ・ロッシとダニ・ペドロサは公式セッションでサーキットベストラップを更新しただけでなく、レースシミュレーションでは1分41秒台をコンスタントに刻んだ。

ミシュランユーザーは、ヘレス公式テストで好パフォーマンスを披露。バレンティーノ・ロッシとダニ・ペドロサは公式セッションでサーキットベストラップを更新しただけでなく、レースシミュレーションでは1分41秒台をコンスタントに刻んだ。

モーターサイクル・レース部門総責任者であるジャン‐フィリップ・ウェベールは、「ラップタイムはとても速いです。なぜなら、ライダーたちはコーナーにより速く進入し、ブレーキングがより短く、コーナーをより速くクリアーして行くからで、今まで以上に良いフロントタイヤと高い信頼性が必要になりました」と説明した。

「9月のもてぎ合同テストの後、我々はそのことに早く気づきました。だから、より小さく、より軽い、16インチのタイヤを信頼します。」

「全ユーザーが11月にテストを実施した訳ではないので、開発当初は期待していたように速く走れませんでしたが、全員が16インチを試し、コンパウンドのパフォーマンスは合格しました。我々は異なった3メーカーと一緒に16インチの3タイプで仕事をしています。各ライダーはそれぞれのライディングにより適したタイヤをこの3タイプから選んでいます。」

「例えば、バレンティーノ・ロッシとニッキー・ヘイデンのようなライダーはブレーキングが遅いので、異常にブレない安定したタイタが必要です。中野真矢のようなにコーナーへの進入がよりスイートなライダーには、違った構造の他のコンパウンドを必要です。各ライダーの特別生産は時として大きな違いがあります。」

「この作業は簡単ではありません。ライダーはタイヤを完璧に理解するために限界に達する必要があるからです。しかし、自信を得れば、ライディングはよりアグレッシブになります。だから、結果的にはそれぞれの進歩やその能力を見ることは大変面白いです。」

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›